ホーム > 出産・子育て > 最近ピルが普及してきた

最近ピルが普及してきた

女性特有のものとして使われる医療用低用量ピルは子供を妊娠しないように飲むことも多いですが、それ以外にも生理腹痛時や生理不順時にも使用されることもあります。

 

低用量なので体には影響が少なく、安心して服用することができますが、飲み忘れると効果が薄くなりますので薬の服用方法を守り、医師の指示を受けた上で続けて服用することが大切です。

 

また、ホルモンの分泌に作用するので生理腹痛がある方には続けて使用すると効果があります。生理不順時には生理周期を整えるために服用することもあります。使用期間は一か月くらいでは生理周期は整わないことがあるので三か月ほど使用すると効果が高くなります。医師の診察のもと、自分に合った使用方法をとることがよいです。

低用量ピル通販ガイドはこちら